On The Road

ジャック・ケルアック 主人公サル・パラダイスが、破天荒で無邪気な青年
ディーン・モリアーティに 振り回されながらアメリカ中を旅し、
様々な仲間や場所を通り過ぎていく青春の旅の物語。
率直に言うと、この本を読んでとてつもなく旅に出たくなった。
「そうだ!そうだ!そうだ!」とディーンが叫ぶシーンが何度かある。
その都度、ディーンと知り合っていたら自分の人生にも大きな影響が
出るだろうと思わされる。 旅に出たい。
非日常に自分を投げ込みたい。 そう思わされる一冊。